胸を大きくする食べ物

胸が小さいことが気になって水着のレジャーが楽しめない、といったコムネのコンプレックスを抱える女性は少なくないと思います。水着を着たり、少し胸元の空いた服を着こなしたり、女性らしい体のラインに誰しも憧れます。成長期は終わったけれど、今からでも少しでも胸が大きくなったらなぁ、と思いつつ、そんな方法あるはずないよ、と懐疑的だったり、胸が大きくなるといわれる唐揚げやキャベツなどの食べ物もどうせ都市伝説で試す価値がない、と結局何も実践していない人も多いのではないでしょうか。サプリメントも多種ありますが、ちょっと手を出すのには勇気がいりますよね。ここでは手軽に摂取でき、効果があるとされる食べ物をご紹介します。是非、気軽に試してみてください。

本当に食べ物で胸が大きくなるの?

医学的に、食べるだけで絶対に胸が大きくなる食べ物、なんてものははありません。あるのは、胸を大きくする効果の期待できる食べ物です。そして、習慣づけて食べ続けることが大切です。なので、胸を作るモトになる身体をつくる食べ物として、女性らしい健康な体を作るために大切な要素として食べるべき、と考えるとよいでしょう。偏らない、栄養バランスの良い食事が基本であることを覚えておきたいですね。そのうえで、胸が大きくなるのに必要な要素を知って、メニューやレシピに生かしていきましょう。
胸は、乳腺を保護するように脂肪がついていて、10%の乳腺組織と90%の脂肪からできてます。つまり、乳腺が発達すれば、自然と胸が多きるなるということです。この乳腺を発達させるためには、女性ホルモンが大切です。成長期、胸は女性ホルモンの分泌で発達していきます。また、女性は妊娠をすると胸が大きくなりますよね。これは妊娠前後の女性の身体は女性ホルモンが多く分泌されるためなのです。成長期は女性らしい身体を作るために身体が自発的に女性ホルモンを生成しますが、成長期を終えるとそのようなことがないために、外から女性ホルモンの分泌を促す必要があります。

胸を大きくする食べ物

まず、女性ホルモンの分泌を促進する要素と食べ物をご紹介します。気を付けたいのが、栄養バランスです。ここにあるものだけではいけません。栄養をバランスよく摂取することで、胸を大きくすることができます。

・イソフラボン
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、乳腺細胞を増やします。またコラーゲンの生成や生理周期を安定させる効果もあります。
大豆、豆乳、豆腐、枝豆、納豆など豆類全般

・ビタミンE
女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促してくれます。また老化の原因でもある活性酵素を減らす作用もあります。
アボカド、アーモンド、煎茶、うなぎ、バナナ

・ボロン(ホウ素)
エストロゲンの分泌を増やし濃度も高めてくれます。ボロンはミネラルの一種であり、骨を強くする働きもあります。
キャベツ、ハチミツ、レーズン、海草類、もも、ぶどう
※ボロンは熱に弱いため加熱処理をすると栄養が弱まります。そのため食べるときは生で食べましょう。

・タンパク質
骨や筋肉を作るのと同時にホルモンの分泌を促します。
鶏肉、まぐろ、乳製品(チーズ、牛乳、ヨーグルト)
※痩せている人は植物性タンパク質動物性蛋白質を両方バランスよく、太るのが気になる方は植物性たんぱく質を中心に摂取することをオススメします。

・ビタミンC
美容や美肌に効果のあるビタミンCです。コラーゲンを体内で合成するときに必要で、ストレスを和らげる作用もあります。ストレスはバストアップの大敵です。リラックスすると女性ホルモンが活発に働くことができます。
柑橘類(オレンジ、グレープフルーツ)トマト、ピーマン、ほうれん草、さつまいも、ブロッコリー

・ミネラル
ミネラルは身体の機能維持に必要な栄養素です。体内で作ることができないので、食事や水分から摂取する必要があります。ミネラルが不足してしまうと、代謝が低下し、もちろん胸にも栄養を送りにくくなります。また、筋肉を維持する働きもあります。
ひじき、わかめ、牡蠣、魚介類、豆腐、スルメ、

・ビタミンA
ビタミンAには、皮膚や粘膜、髪などの機能を正常に保つ働きのほか、生殖機能を維持する働きもあります。バストアップをはじめ、美容効果としては、肌にハリを与え、
皮膚の新陳代謝を促す効果もあります。動物性のビタミンA「レチノール」は過剰症に注意が必要なので、摂り過ぎには注意してください。
ニンジン、ホウレンソウ、春菊、かぼちゃ、モロヘイヤ、レバー

まとめ

いかがでしたでしょうか。一番はバランスの良い食事です。これだけ食べればよいというものはありませんし、胸だけ大きくなるより、健康的な女性らしい体が一番だと思います。ちなみに、私が簡単に実践しているレシピがあるので、少しご紹介します。まず、豆乳バナナジュースです。豆乳とバナナをミキサーしただけですが、豆乳が苦手な人でもバナナの風味でおいしく飲めます。まだちょっと飲みにくい、と思えばはちみつを加えてください。そしてキャベツジュースもお勧めです。キャベツと、リンゴやブドウなどの果物をある程度の大きさに切って、少しレモン汁を加えてミキサーにかけます。キャベツが意外とフルーツとの相性がよく、手軽に飲めます。また、豆乳とお出汁と味噌で豆乳鍋にしてたくさんお野菜を摂取したり、だし巻き卵やスクランブルエッグなど卵料理にも豆乳を少し加えると相性も良くお勧めです。是非、上記の食べ物を上手に摂取し、摂取し続けて、コンプレックスのコムネから卒業し、自信をもって、様々な服装や水着のレジャーを楽しんでください。

コメントを残す