お催しの専門部署に超絶多雨旦那が変遷してきたら、夏季最後のお催しが荒れて重傷者も出た話。

総括業者方選挙の片影というやつで、今さらながら反トップだった人間が流されてきました。トップが変わってすぐに流れてこなかった当たり「もの」という感じがするんですが、読物人間は「流された」「流された」と騒いでいるので流されたんでしょう。「自分が達人だから目をつけられて流されたんだぞ」「本来こんな部署にいらっしゃる人間スパンじゃないんだぞ」メリットとたばこの残り香が少々しんどいですけど、基本はいいオヤジだ。田舎のクレアトゥールで肘当てつけて職務してそうな風情だ。それで、ここの部署は祭事を担当している部署です。神社のおイベントにはゲンコツを貸したりしないですけど、年に一度、夏にやるストリートおこしのおイベントは家が中央なので、おイベント決戦2ヶ1箇月傍くらいから寝袋事由が徐々に増えていきます。取引準備法犯罪といえば犯罪なのかもしれないですけど、悲しいのは傍2ヶ1箇月と終わってからの幾分1箇月位だし、一丸お祭り騒ぎが好きだから楽しんでやってるんです。でも流れてきたオヤジは根っからの職務のオヤジでした。電話処置内も物悲しいといいますか、常にフレーズしか言わないんです。大気がひどくなるからやめてほしいんですけども、ネーミングはそこそこに偉いので誰もフレーズを言わないんです。ついでに、知らない人間はいないくらいの雨パパなんですよね。その人間が関わった催事があると必ず雨が降るんです。キッズの運動会も雨が降ったらお断りからという理由でキッズから「父ちゃんは欠けるで」と言われてしまったらしいです。そんな人間が夏場イベント専従部署に現れる一品いかがな一品かと思っていたんですが、案の定、決戦は雨が降りました。雨が降ったと言うより、雷が降ったといった方がふさわしいだ。おイベントは途中で中断、そのまま花火フェスティバルもすることなく中止になりました。回収手順中のワーカーが、風にあおられてコンクリートに打ち付けられて、夕方の業者方文字になったなんていうのも未曾有だ。