忘れられないフォト「バグダッド喫茶店」を俺なりの考察してみました

もうかなり前のビデオだが、未だ薄れる面無く私の中では輝いた立場を放って要るビデオ「バグダッド喫茶店」。20年程さっき、何かの図書で椎名桜子君が紹介していたのを見つけ、早速、地元のニュース用紙で上演されている劇場を探し親友と観に赴き、始まった瞬間に一挙攻撃され、のちにフォトまで買って生涯捕獲編にしています。そういった酷いドラマティックなダイアログなのかというと、そうではなく何気ない毎日を切り取ったダイアログで、ヒーロー、マリアンネゼーゲブレヒトの引力が最大限に引き出されていらっしゃる、そんなかわいらしいビデオなのです。どこにでもあるような人間時間雰囲気を描いた毎日を、ジェヴェッタスティールの謳う「callingyou」がそちらここで手厚く包んで掛かる。DVD美容も滑稽持ち味にも魅せられてしまう程のダイアログだ。こうしたさりげなさ、キャパシティーの抜けを常に持っていたい。いつも肩にキャパシティーの入ってしまいがちな気質であるため、もう少し毎日の度合をゆったり構えてもゴッドは怒らないよと自分に問い掛けられてあるような、あんな優しさをもらいました。新しい自分に出会いたいそんなときに、見るビデオなのかも知れませんね。以後、英お出かけへ出向く機会があり、ブライトンというリゾートにいらっしゃる旅館で、「callingyou」が旅館中ガーデンに面する回廊から流れて現れるのを聞いたときは、嬉しくて魅力しました。誰が泊まり客席が音源を流していたのか歌っていたのか定かではなかったのですが、初めて欧州を旅してびっくり一つの現象でした。ビルドマッスルHMBの口コミが知りたいです。