アルバムに調節されたおとうさんと不倫ターゲットの写真集を発見してしまってとりあえずスキャンしたトピック

好きな人間との体験をアルバムにとっておいて後で見渡したいガッツもよくわかります。私もそうだからだ。浮気相手方を獲物とみなして細々とその見聞を手帳に記したり、口説いた操作を書き込んだりしたくなる内も理解します。火曜日にあったサスペンスドラマで可愛らしくあったからだ。でも、自分のパパがそんなことをしていたというのはできれば信じたくなかったと言うか、見つけた途端に胸中が真っ白になりました。ちなみにパパはまだ丈夫で、浮気相手方とはとうの昔に終わっていると信じ込んでいるお母さんと一緒に暮らしています。もっとも、来訪ですなんだと言って1箇月の3分の1は家に帰っていないらしいです。いつもは自分の広場は自分で掃除をするパパなのですが、あの日光はたまたま面倒くさかったんでしょう。自宅に帰ってきてぼんやりやるわたしに保守を命じてビリヤードに行ってしまいました。拒む背景もなかったので、パパの広場にバキュームクリーナーをかけていると、パパの老眼では見えないらしき範囲の塵が気になって仕方がなくなってしまったんです。どうせあげるならびっくりするくらい綺麗にしてやろうとも思いました。それで、バキュームクリーナーを一回しまって、雑巾がけをしていたんですが、隅々までやるうちに重ねて有る小説を崩してしまったんです。ここから会社はバーチャルが付くかと思うのですが、それの純正ん中陣へんに挟んであったのがパパの手帳兼アルバムでした。どうやって現像したんだろうというような写真から、スリー寸法、出会ったパーツ、初めてお泊りをした日光まで詳細に書いてありました。思わず読みふけったのは言うまでもないですが、後日何かのメロディーにお母さんが離婚したくなったときのために全ウェブページをスキャンしてPDFファイルにしておきました。しっかりCD-Rに焼いたそれは、私の自宅で貯金通帳と一緒にしまってあります。マッチブックを使ってみたら出会えた!

全然スケジュールを教えない彼氏!

以前私は彼氏と同じ会社だったのですが、その時は共有スケジュールでお互いの休日を知る事ができました。
しかも、「いつ休日か」「何時まで残業予定か」をしっかり正確に入れないとものすごく怒られていたので、スケジュールの共有だけは絶対にミスしないよう気を使っていました。(当時は私の方が、スケジューリングがだらしなかったんです・・・)

私が会社を辞めたので、今はスマホのアプリを使ってスケジュールを共有しています。
すると今度は彼氏がすっかりスケジュール無精に。
会社の休日も全然入れてくれないし、残業になりそうな時も連絡が来ない。
私は彼氏を朝会社まで送り、夜は迎えに行って家まで送る(途中でデートする)という感じなので、休日や残業がわからないと待ちぼうけになるんです。

特に朝は、駅で待っていたのに全然来ないため家に帰ったら、3時間後くらいに「今日休み」という連絡が来た事が何度もありました。
休みの予定や残業の予定を伝えないと異常なほど激怒されていたのに、いざ自分がスケジューリングする側になるとだらしなくなるのかよ・・・と不満でいっぱいです。
かと言って私が怒られてた時の事を引き合いに出して文句を言うと「スケジューリングだらしないお前と一緒にするな」みたいに逆切れ。
今実際だらしないのはそっちじゃん・・・と思いながらも、今日も振り回されています。pairsってサクラいないよね?