私の心に響いた漫画・天元突破グレンラガンとはなんぞや?

僕が影響を受けたアニメの一環が、天元超過グレンラガンだ。
2007年に番組され、とにかく熱いこととドリルで有名なアニメですが、僕にはこういうアニメの所々に混ざる申し立ての感じがとても心に響きました。
例えば、
「人間は全員エラーを犯す。当たり前です。でもな、間違ったら誰かにぶん殴られりゃいいんだ。自分で自分を罰する肝心なんて薄いんだ」
「今まで、かけがえのない産物と思っていたものが、実は取るに足らないものだったと感づくのも、出店なのでしょうか」
「でも、気をつけた方が宜しい。一途な思いは時として人間を間違った方向に進ませる」
等だ。
こういうアニメではカミナやシモンなどの熱い、勢いのある言葉がよく持ち上げられますが、そういった観て要る側に話しかけるような言葉も多くあります。
僕にっとては、熱い、勢いのある戦闘ときのシーンやこういうアニメ名物の見得きり等も大好きなのですが、やはりそういった言葉の方が面白味を持っています。
疲れた時や何事も上手くいかない段階、ストレスがたまった段階などにこういうアニメの言葉をふと思い起こし、何とか保ち直せたことが何度かあります。
今まで多くのアニメやコミックを見てきましたが、こんな申し立てと熱さを熱さを併せ持ったものは意外に薄く、僕がおすすめするアニメの第一人者とも当てはまるものになっている。http://xn--uckdkz7b7cvmuc.xyz/